読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a sigh

"I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes"

oh!寒

f:id:mzo:20150102204509j:plain

f:id:mzo:20150102204535j:plain

f:id:mzo:20150102204602j:plain

 

日本海側ではまだまだ強い冬型の天候が続き、大雪に注意。というのでヤキモキしてましたが、朝起きると日差しも指しており、軒下の雪などは自然に溶け始めていた。屋根からさかんにしずくもおちて、雪面にポツポツと『ふくさ』の表面のようい穴ぼこを穿っていた。おし!今のうちにと玄関とカーポートの前の積雪を処分、アスファルトの地面までしっかり露出させたった

日の光がさしている時には、この地面まで露出させるのが意外に大事である。雪の積もった最下層には溶けたヤツが、再び凍りつついていてガンコにこびりついているから、ひっぺがすのは大変である。正直、5cm程度氷の層が残ってたって通行にはほとんど影響はない。が、しかし、アスファルトの黒い面を出すのと出さないとでは、日の光を吸収する度合いが全く違い、白いままだとなかなか溶けてくれないのだが、黒い面は熱吸収が良く、黒い部分があればあるほど、しっかり溶けてゆくのだ

というわけでガリガリ、ガリガリと小一時間ばかりぴっぺがしてやった。あースッキリ、、、

 

昼下がりまでの充実感であったが、再び、午後から天候は崩れ、、、今日は午後から出勤してたので、、、自宅は除雪できず、帰宅すれば再び膝下くらいまでの雪に埋もれていた。この時期には、北陸の民は、皆、シーシュポスになる。一体なにをしたというんだ!

 

f:id:mzo:20150102204917j:plain

f:id:mzo:20150102204953j:plain

f:id:mzo:20150102204936j:plain

 

明日の朝に、また日は昇るだろうか?今日、一旦は地面まで掘り下げたことを幸いと思うべきかもしれない。明日の除雪作業はいくらか楽に済むはずだ。シーシュポスとはいわずとも、キリギリスのように怠けたわけじゃなのだし、そして働き者のアリさだって冬は夏の蓄えで悠々と籠もって暮らすというのに、どこまでマジメに暮らして見せれば、雪はやむのだろうか・・・

 


The Rolling Stones - Winter - Lyrics - YouTube