読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a sigh

"I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes"

カゼのち雨

この季節毎年のようにカゼをひく。そう重症化しないが、いくら気をつけてるつもりでも体調を崩してしまう。先週末から週明けにかけて咽頭痛がひどくてたまらなかった。発熱や咳とか、くしゃみもなく。ただ喉が痛い。食事は取れ留けれども嚥下時の痛みは少々ガマンしないとけない。唾を嚥下するにも痛い。ガマンできるかできないかギリギリの痛みがジャブのようにつづくのだ。これは結構応える

でも「風邪」の三症状とは「咳」「喉の痛み」「鼻水」だそうだ。この三つがそろってこそ、それは「風邪」と診断できる。すなわち上気道炎、風邪症候群として差し支えないということのようだ。なので一般にちょっと「熱が」とか「頭痛が」とかとかだと正確には風邪ではなく「熱発」であったり「頭痛」であったりだ

だけど人は「風邪」であるコトを期待してやってくる。『タカが風邪』と言われる方が安心するらしい。「なんだ風邪かぁ良かった」だ。それが「原因はよく分かりませんが熱発がつづくようなら、、、」「頭痛ですか、詳しく検査してみましょうか、、、」と言われるとビビるのだ。大多数の人は風邪であることを望んでいる

ま。確かに、一般的に「風邪」は放置すれば治るのだけど。というか「風邪」は特効薬がない。その諸症状である咳、喉、鼻水を緩和して自然と治ることを待つしかない。自力で治すしかない。その点がインフルエンザ等の確固とした予防と治療法のある病気とは異なる。まぁインフルエンザも体力(免疫力)如何で完治する時間が異なるが

まぁ、朝からこんなこと書いててもしょうがないが、ボクの場合喉の痛みだけで、その後の他の症状は出なかった。つまり喉の疾患であったということだろう。幸いなことに経過を見るうちに、今はすっかりもとに戻った。しかし喉の痛みが続く間はとても走る気になれず、日課のランニングが出来なかった事の方がつらかった。よし、今日からはと思ったら朝から雨模様。もうしばらく休養せねばなるのか、、、え?仕事に励めって!?えーーーーっ、それはヾノ・∀・`)ナイナイ