読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a sigh

"I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes"

ゼロ・グラビティ

巷で評判が良いようなのでゼログラビティを観てきました・・・巷ってドコ?という突っ込みはナシで・・・職場の若い衆の声や、ネットでの評判が結構よかったのだ。で、連休初日に観に行くことにした。ところが問題が一つ。3D映画ということ

3D映画はちょっと苦手だ。というのはメガネ人間なら誰しもだと思うが、メガネの上にあの3Dメガネというのは結構ツライのだ。メガネ&メガネという重さだけで首から肩のあたりが凝ってきてやがて頭痛となる。それにWメガネだとずり落ちてきて、しょっちゅう位置を直さなければならい。さらにあの3Dメガネって視野が暗くなるのだ。近視人間には暗いとさらに視力が低下し画面がみにくくなるのだ。そもそも映画は2Dでも大画面ってことだけで話が面白ければOKじゃね?肩凝らずにみるのがいいのだと思うのだが・・・

 

【お断り】後半ちょっとネタバレあります。まだ見てない人注意!

 

観てきた結果から言おう。90分という長さのおかげもあるが、これは3DでOK!結構楽しめた。というか体感感覚がスゴイ。呼吸の苦しさもヒシヒシ伝わる。3Dメガネの苦しさもそれにシンクロして、そもそも宇宙は暗くて孤独なモノなのだからそれでいいのだな。ストーリーにちょっと物足りなさを感じたが、あの宇宙の絶対感ときたら、、、うん、これなら3Dで文句なし

ところで邦題がゼロ・グラビティ=無重力ということなのだが、原題は「GRAVITY」、すなわち=重力。宇宙空間での体感覚はまさしく無重力な感じなのだが、、、最後の、ほんとに最後の、あの両足の身体感覚は。この重さはなんなのだ!?。

しょせんは『地球の引力に魂を引かれた者』であるオールドタイプのスペースノイドだから、絶対宇宙での方向感覚もわからないし、日々この身体が引き受けている重さ意味もわからないままだったのだなぁ、、、と観終わった今頃に実感。しかしあの人はこうも言ったハズ

そうそう当たるモノではない

めっちゃ当たってるやん!!

 

 

追伸:なんか昔、白黒の海外ドラマで宇宙空間に漂う宇宙飛行士のヤツ合った気がするなぁ、すごい昔だけど、、、2001年宇宙の旅じゃなくてね。彼は助かったんだっけか?意外にも早い段階で彼方へ消えた彼にそのれを思い出した。またこの妙なイライラ感は・・・そうだ!リノアだ!www