読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a sigh

"I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes"

わたったった

以前にも書いたかも知れないが、職場から自宅へ戻るあいだに大きい川一本と、小さい川2本を渡る。小さいと言っても決して人の足で跳び越えられるよう幅では無くて・・・棒高跳びの要領だとOK・・・まぁそれなりに区切りとしては機能する大きさの川だ。その合計3本の川を渡って帰ってくるのだが、その一本づつを越えるたびに辺りの空気が変わるというか、、、実際には同じ車中でずーっといるわけだから、空気すぐに入れ替わるはずもなく、うーん川を渡ることでココロのスイッチが一つずつ緩んでいくような気がするのだった

 

狭いながらも楽しい我が家♪

 

というほど我が家が楽しい所じゃ無いけれど^^;職場から解放されて仕事から遠ざかっていく、目に見える区切りに川があって。橋を渡るという行為がある。川を渡るたび、一つの町を越え、次のステップに進入するような、そういう場の変化が感じられるような勘違いにココロいやされているわけだ。ほら家に帰ってコートから上着、シャツ、靴下と脱ぎ捨てて身軽になるような感じだね

 

話は変わるが、、、今日の最高気温は33度でした!台風メ!!