読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

with a sigh

"I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes"

群青色(ぐんじょういろ)

かつて「ぐんじょういろ」という色があった。保育園の頃かいやその年齢でそんな贅沢な「くれよん」をもってるはずなんかないから、きっと小学校に上がってからだと思う。6色や12色なんかじゃなくて、きっと24色という豪華なセットにあったのだと思う。確かに隣の席の○○ちゃんの『クレパス』のなかにあったと思う。あの頃は隣の子こ座席がくっついていて。2席で一列になてた・・・だって一クラスが50人くらいだったからな・・・隣で一生懸命に青く空を塗りつぶす○○ちゃんはなぜか「みずいろ」しか使わない。他の色もだいたい「ももいろ」と「やまぶきいろ」に「くろ」と「しろ」ぐらいでせっかく24色あってもそのうちの6色くらいしか使わない。実にもったいないと思った。だから・・・

 

ぐんじょういろ

あいいろ

こんいろ

 

なんて色は、ちーっとも使わないのだ。新品の角張ったままでずーっと箱におさまっていた。空の色も毎日、時間によって、季節によって、そもそも自分の気持ちしだいでちがうのにさぁ。○○ちゃんたら空をいっつも「みずいろ」でぬりつぶすんだよ。さぁ今日のような空はどうするつもり?きっと「みずいろ」で塗るにちがない。でも。きっとさ、何回も何回も塗り重ねるに違いない何度も何度も同じ軌跡を塗り重ねれば空の色も強くなるって思ってたにちがいない

 

そっか、重いの強さ=筆圧で空の色をあらわそうとしていたのか

 

f:id:mzo:20130708201855j:plain